ms-14s:

本田翼

ms-14s:

本田翼

caterville:

It’s like waking up in front of a mirror.

caterville:

It’s like waking up in front of a mirror.

nobodyplace:

kogumarecord:

にいお速報 : 【画像】 昔のプラモデルがダサすぎる件wwwwwwwwwwwwwwwwwww


かっこよすぎる

nobodyplace:

kogumarecord:

にいお速報 : 【画像】 昔のプラモデルがダサすぎる件wwwwwwwwwwwwwwwwwww

かっこよすぎる

「EXILE PRIDE」のサブタイトルは「こんな世界を愛するため」だ。こんな世界ってどんな世界なの、という子どもじみた設問をディスカッションのテーブルに持ち込んではいけない。繰り返すが、彼らは議論の場には登場せずにエアロバイクに乗っている。

- しつけ。厳しく言わず穏やかに、そして最低10回は言い聞かせる。気長にとことん繰り返す。忍耐ですね。

- 褒めるときは、できた行為をそのまま言えば良く、「すごいね」「えらいね」まで言わなくてもよい。「ご挨拶できてえらいね」よりも「ちゃんとご挨拶できたね」。ちょっと前の「すくすく子育て」(テレビ番組)でも褒めすぎ注意の話題がありました。私も褒めすぎだったので気をつけます。

- 叱るときは「なんで机に登ってるの」よりも「降りなさい」のように具体的な指示がよい。すべきことを具体的に言う。

- ダメ出しは二言目に。最初は受け入れる。汎用的。

- 子供は「すぐに飽きる」のではなく「すぐに満足する」。ポジティブ!

- スーパーなどでの「これ買って」は「これ気に入った」程度の感想を述べただけなので、「ほんとだ、それいいね」など肯定すると満足することも。まあ確かに私も「あれほしい、あそこ行きたい、だっこして」との要求に「そうなの、そうしたいよね」で答えてから「あ、トラックきた!」など別なことに気をそらしています。万能ではないけど効果はあります。

小室伝説

subcul:

全盛期の小室は印税が入ると普通預金の10桁が埋まって残高がわからなかったとか

娘たちから「おとうさん、新しく来たひととお友だちになれた」と聞かれたので、「会社にはお友だちを作りにいってるんじゃないんだよ」と答えたが、「わたしたちも、勉強するために学校にいってるけど、お友だちはできるよ」「じゃあ、おとうさんはどこでお友だち作るの?」と正論詰めにあっている。

予め選んでおいた「今日はどうだった?」「今から会社出るよ」「会いたいな」などのメッセージを、予め設定した時刻に、一日を通してガールフレンドへ送ってくれる。メッセージのカスタマイズも可能。ブリスベーン在住の29歳の男性二人が開発した。BroAppとは相棒アプリくらいの意味だろうか。

ばれないような工夫がいくつかなされていて、例えばガールフレンドの家のWiFiにつながっている時にはメッセージは送らないし、実際に利用者が本当に自分で彼女宛てのメッセージを送ったら、設定時刻が来ても自動送信を停止する機能もある。スマートフォンを見られても、このアプリが見つからないようにすることも可能らしい。

開発者の二人には女性用の同じアプリを開発して欲しいという要望が多数寄せられているそうだ。

なんで都会生まれ都会育ちなうえ都会で定年まで働いた人の「自分らしさ」が南の島にあると思うんだよ

IT業界ベンチャーで聞いた怖い話。仲間内でワイワイやってた会社が急成長して、コンサル語を喋る意識高い族が入社してきて、元からいた人が居づらくなって段々やめて最後に技術力が無くて意識高い人だけが残る。なんて恐ろしいんだ。この世の地獄だ。

スマートメーターという言葉から「体重や健康について声で助言してくれる日本製ヘルスメーターをとあるアメリカのご婦人が買い求めた。どんなアドバイスをしてくれるかしら。ドキドキしていると体重計はしゃべり出した。”一人ずつ乗ってください。”」

(via otsune)

動物愛好家が多いこの国には、子供の数よりペットの数の方が多い。

峰なゆか、後出しジャンケンで「童貞はかわいいと思っている」をキメたものの「下等な愛玩動物としか見ていない証拠」という尤もな指摘をされて死亡。
差別意識のある人間が「これなら大丈夫だ」と思って出した発言が差別意識全開だった事例

・コンプレックス系ワード
 「教養のない人の〜」「頭が悪い人の〜」「なぜかモテない人の〜」
 「残念な人の〜」「イタい人がよくやる〜」
 「正しい〇〇の方法」「〇〇という愚行」
 「英語が下手な人に共通する〜」「賢い人なら読んでおくべき〜」
 「読んでおかないと恥をかく〜」「仕事ができない人の〜」
 「一流の人に共通する」「○○業界人なら知っておきたい」
 多くの人にはコンプレックスがあるものです。そして他人からよく見られたいと思うものです。その心理をくすぐるのがこれらのワードです